書き置き。

ほぼ勉強の記録みたいなもんです。

AWSに自分用gyazo的なものを作った

zpn.booth.pm

だいたいのことはここに書いてある。まじで書いてある。読まないで画像だけ見てやると大事なところを読み飛ばして、途端にわからなくなるのでよく読め。何なら一通り最後まで読んでから始めるくらいが良い。

この本に書いてないことと言えば、AWSはよく名前をつけるときに説明を入れるフォームがあるんだけど、これがあとから編集できないことが多い。やらかした・・・って思うことがよくある。作り直すのも面倒なので、説明はよく考えて入力したほうが良い。まじで。

ざっくり流れ

  • gyazo コマンドを実行する
  • マウスカーソルが範囲選択モードに変わる
  • 範囲選択する
  • 画面キャプチャ画像が一時ファイルに保存される
  • API GatewayへPOSTされる
  • APIへはACMで登録したSSL証明書を使ってhttpsアクセスされる
  • Lambdaが動く
  • S3に保存される
  • URL保存されたURLが返ってくる
  • クリップボードにURLが渡される
  • 一時ファイル削除

  • URLをブラウザで開く

  • S3へアップロードされたファイルへhttpsでアクセスする

  • APIやS3へアクセスする際にroute53で名前解決する

カスタマイズ

この本は、Ubuntu Desktop を前提としているので、Macの画面をキャプチャしてPOSTするスクリプトだけカスタマイズした。

.bashrcAPI Key を書いた

# Gyazo API Key
export GYAZO_API_KEY='APIキー'

/Users/ユーザー名/bin/gyazo
どこに置いても良いが、既にパスが通ってるところに置くのが楽

#!/bin/sh

URL='https://APIパス'

TEMP=$(mktemp /tmp/XXXXX.png)
WIDTH=800

if [ $# -eq 0 ]; 
    then screencapture -i ${TEMP}
else
    if [ $(identify -format %w ${1}) -gt ${WIDTH} ]; then
        CONVOPT="-resize ${WIDTH}"
    fi
    convert ${CONVOPT} ${1} $TEMP
fi

IMAGE=$(curl -s -H 'content-type: image/png' -H "x-api-key:${GYAZO_API_KEY}" --data-binary "@${TEMP}" -X POST ${URL})
if [ $? -eq 0 ]; then
    open ${IMAGE}
    echo ${IMAGE} | pbcopy
fi
rm -f ${TEMP}

次の4つを追加・変更

  • curl コマンドの引数にAPI KEYを追加
  • import コマンドを screencapture -i へ変更 [mac]
  • xclip -sel c を pbcopy でクリップボードへ送る [mac]
  • ブラウザで開くコマンドを gnome-www-browser から open へ変更 [mac]

stealth

https://hellostealth.orghellostealth.org

hellostealth.org

Build amazing chatbots with tools you know and love.

VOTコミュニティで紹介されていた。

コードは書いてないが、ドキュメント(英語)を音読してみた。 時間はかかるが、英語の学習にもなってちょうどいい。

Ruby on Rails ベースのツール。 Alexa対応のgemも用意されている。

Amazon Echo Dot を買ったので、試したい。

何時何分に(遅延して)喋らせる、ができるので、やりたいことができそう。

今日はカメラアプリ

絶対に挫折しない iPhoneアプリ開発「超」入門【iOS7対応】増補改訂版

絶対に挫折しない iPhoneアプリ開発「超」入門【iOS7対応】増補改訂版

カメラアプリを作った。

太鼓アプリを作った

絶対に挫折しない iPhoneアプリ開発「超」入門【iOS7対応】増補改訂版

絶対に挫折しない iPhoneアプリ開発「超」入門【iOS7対応】増補改訂版

この本でObjective-ciPhoneアプリ開発を勉強してる。 なんでSwiftじゃないのかって? まさかWWDCで新言語が出てくるとは思わなかったから。

今日は太鼓アプリを作った。(Capter 10)★★★☆☆

  • .wavファイルの読み込みとAVFoundation で再生
  • AudioToolboxを使って音と同時にバイブレーションを鳴らす

の2つ。

ゆーすけべーさんのPodcast「だんごゆっけの平和な話」#000-001 を聞いた

Podcast「だんごゆっけの平和な話」を始めました #dandyfm

先日HOKKAIDOアイディアソン&ハッカソンのセミナーで講演していただいたゆーすけべーさんがPodcastを初めたと聞いて、聞いてみた。

北海道の話

0回目の最初のほうで、北海道に行ってきたという話から、北海道の居酒屋はクヲリティ―が高いという話をされていた。

北海道の居酒屋はデフォルトでクオリティーが高い

大漁舟盛り居酒屋 大海物語 in すすきの という店の話で、お通しがそれなりのお値段するんだけど、お通しと飲み放題だけで十分満足してしまうのがこのお店。

系列店でruby方面の方々が愛用している某店は船底まで刺し身(等)がびっしりで後半はつらくなってくるという噂だけど、こちらのお店は適度にツマが入っていたりして、普通にお腹が空いていれば食べきれる良心的な舟盛り、だった。 生まれてからずっと札幌育ちだけど、お通しに剥いていない毛ガニが出てくる店は初めてかも知れない。1卓(4人)に半分ずつかと思いきや、1人で半分ずつなのね。

大漁舟盛り居酒屋 大海物語 in すすきの

札幌は東京よりのマド環境が揃っている

え?そうなんですか・・・・?

すすきの周辺で2件のドトールを利用したら、電源完備で1人ひとりのエリアが仕切られていて快適だった、という話。

どこのドトールだろう?すすきのから近い順だと、ここかなぁ

  • 札幌南1条店
  • 札幌大通西3丁目店

Day One

Day One は Markdown 形式でかけるエディタで、DropboxiCloud経由で共有が可能なMaciOSアプリ。2年前くらいに買ったんだけどしばらく使ってなくて、13時(ランチ)の時報代わりになっていたくらい。

Podcastの中で言われていたように、どこかのブログ記事にリンクを貼ろうとコピペすると、Evernoteだからスタイルも元サイトのものを引きずってしまって、わざわざ該当箇所を選択してスタイル解除 という非常に二度手間なことをやっている。

ここで Day One を使うと、元はテキストエディタだから余計なスタイルは無視してくれるし、Markdown 脳内変換をする必要もない。command + E または Command + Enter のショートカットでモードを切り替えできるので、ちょっとずつ確認しながらの作業も苦にならない。

しばらくブログエディタがわりにつかってみようかなぁ。

Podcastの話に戻ると、ただのテキストエディタだと思っていたら、位置情報を要求してきて各記事に位置情報をつけたり、iOSアプリ版をモーションセンサーが搭載されている新しめのiPhoneで使うと、そのアプリを使っている人が立っているのかということまでわかってしまうらしい。

テキストエディタにそこまで求めるか?というと微妙に思うところはあるけど、そういう情報が取れるデバイスが一般人にも徐々に広まっていくということを考えると、この先面白い使い方ができるのかもしれないと思った。