書き置き。

ほぼ勉強の記録みたいなもんです。

Tracを使えるようにした

前々から何度かチャレンジしてたものの、

毎回挫折してて、今回ようやく設定完了までこぎつけた。

 

Debian GNU/Linux etchTrac をインストールしてみたよ

 

を参考にした。

たしか前にやったときも同じblogの記事を見ていたはずなんだけど。。。

 

Apacheの設定までやって、trac見えたーーーーーー

と喜んだのも束の間、なぜかloginページだけ、InternalServerErrorが・・・。

 

何でここだけ?と、小一時間悩んだ末に

need AuthName: /test2/login,

と、apacheのエラーログファイルに書いてあって、ヴァーチャルホストの設定を見直したところ

Basic認証のAuthNameが設定されてないよ!というエラーだったらしい。

<LocationMatch "/:alnum:+/login">

の中に

AuthName "Trac Area"

の一行を追加してやって無事解決。

 

上記のblogでは書かれていないけども、バーチャルホストの設定をするときに

各バーチャルホスト毎にアクセスログ&エラーログのファイルを設定していたので

エラーメッセージを発見するのに助かった。

というか、サイト数が多くなったらこれやっととかないとえらいことになるな。

というわけで、書いておいたほうが良いよ!

ErrorLog /var/log/apache2/trac.sample.net.error.log

CustomLog /var/log/apache2/trac.sample.net.access.log combined

 

そして、初めてのTrac日本語化。

trac-admin /var/www/trac/testproject wiki load /usr/share/trac-ja-resource/wiki-default

 

これひとつでwikiとかみんな日本語になるのね。

Trac 0.8.4 にようこそ

って書いてあって、一瞬びびったけど、中身は0.10.3のまま。

おそらく翻訳済みバージョンがが0.8.4とかそこらでとまっちゃってるのね。

 

やれやれ、これで一安心・・・。

Blogged with the Flock Browser