読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書き置き。

ほぼ勉強の記録みたいなもんです。

ほぼ日手帳 3冊目

http://www.1101.com/techo_club/archives/372/

今週月曜日(10/17)、札幌のロフトに糸井さんが販売見習いで来られるイベントがあって

せっかくだから、とかなんとか言いながら3冊めとなるほぼ日手帳を買った。

しかもA5版のカズンの方を。

 

ほぼ日グッズを買うと整理券がもらえて、

1時間ぐらいならんだかな

糸井さんがほぼ日の紙袋に買ったものを詰めてくれて、

抽選箱からガチャガチャのカプセルを引いたら

ボールペンかシールか、もう1、2種類ぐらいあった中から何かもらえて

糸井さんと握手しているところを写真撮ってもらえる

 

と言う感じのイベント。

池袋ロフトとかだと、マーフィー氏が実演販売やってたりして

そっちの方を期待してたんだけど、札幌は糸井さんだけ、だった。(残念

 

====

 

 

 

面積2倍になったから1ページに2日、ということはなく

1ページ1日分のまま、余白がたくさん増えた、と言う感じ。

さらに通常版だと別売りの週間手帳分も内臓

もちろんマンスリーもあるよ!

という豪華構成。

 

通常版だと、スケジュール(予定+結果)と、その日あったニュース的なこと

を書くだけでけっこういっぱいになってしまっていたので

たくさんかけるA5版というのはワクワクする。

 

情報は1冊のノートにまとめろ、的な手帳術の本があったと思うけど

(本は読んでいない)

実際、1冊にまとまっているとなにかと都合が良いことが多い。

手帳を使っていないときは、いつ何があったかという記録が全くなくて

思い出そうと思っても手がかりとなるものがなければ

思い出すのはかなり難しい。

 

ということに気がついてから、

ちょっとしたニュースとかも手帳に書き込んでみている。

つい昨日のことなのに、手帳を開いて

「あれ、これ昨日だっけ?」ということもあるけど

しばらくたって見返したときに、

前回○○したのが××月××日だったんだ・・・っていうのは

blogでもできなくないけど、汚い字でも手帳の方が見やすかったりする。

 

というわけで、ガシガシ書き込んでいくのにカズンにしてみた。

 

マンスリー:イベント的なスケジュール用

ウィークリー:お仕事用

デイリー:スケジュール詳細+その日のトピックス+覚書などなど

 

と言う感じかなぁ。